FX1002J+前段フルモデルチェンジ版の電源モジュールについて

レビューより事実と異なる内容をユーザー様から頂き、購入検討のお客様から頻繁にそれについての問い合わせがありましたので、まとめて記事にしています。

​■計測結果について■
起動から30分後に48度に到達し、それ以降温度が飽和し安定している。
モジュール基板の設計の設計上の最大許容温度と比較して大幅に低い動作温度となっており、
ICの耐熱温度及びモジュール上のその他パーツに関してもそれ以上の耐熱温度の部品を使用、
電解コンデンサについても105度耐熱品を使用しており、寿命が短くなるといった現象が発生する条件ではありません。
また、外装ケースの温度が上がりすぎて火傷や怪我などを起こす可能性もなく、
飽和状態で一定温度を保っているため、モジュールにはヒートシンクを取り付けていません。
製品を破損する恐れがあるだけでなく、事故や怪我を負う可能性がございますので
電源部の改造はお止めください。

■レビュー投稿に関して■
感覚的に体温より高い温度で「熱い」という認識が始まり、10度以上の温度差で「問題がある」と感じるレベルに達するので、
今回のレビューに記載されているような判断がなされたのだと思います。
レビューを投稿された方は一般の方よりも知識が豊富な方なのだと思いますが、
あくまで、専門家ではない何の責任も持たない一般の方です。
ご自身で自己責任のもと改造される事に関しては問題ありませんが、
「寿命が短い」と間違った情報を警鐘のように記載されるのは、如何なものかと思います。
このような内容は「あらゆる方面に影響が及ぶ」事をご理解のうえ、投稿していただきたいと思います。
良いものを提供ししてユーザーの方に楽しんでもらおうと日々努力しており、
こちらの製品に関しては特にその思い入れも強く、バージョンアップを何度も重ねて仕上げた製品ですが、
1つのレビューの正確ではない見解から、購入を検討されている方が誤解されることで、
こちらの製品を手にして楽しんでいただける機会が損なわれてしまっているのは、非常に残念でなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)