Lepai LP-2020A+とST社製 TL082 オペアンプについて

  • tl082sop8.jpg

Lepaiのトーン回路のオペアンプをJRC 4558DからST TL082に変更した際
色々試した結果これが最適になったのは確かなのですが、根本的に両者は
トランジスタの種類が違うもので特徴も違います。
4558Dはバイポーラ入力に対しTL082はJ-FET入力のものになります。
入力インピーダンスが高く、正負入力が揃っていなくても大きな
オフセット電圧が生じないのが特徴で、音も4558Dと比べ透明感のある
クリアな感じになります。
現在のLepaiはトーンコントロールの設定がかなりシビアで回路上の
ノイズ影響が受けやすく、それに合うオペアンプの種類が限られてきます。
単純にいい物を選択して搭載しても、良くなるという事は断言できないのが
現状です。
TL082の実際の音質は高音/低音を調整したときに、はっきりわかりました。
なんというか4558Dより素直に変化してくれて、音が歪む感じが無いんですね
特に、音量を大きめにして調整すると顕著に違いがわかるので
これがベストでした。
TL082は標準品で比較的入手しやすいチップなのですが、この上位にTL072という
ローノイズ版があるようです。
せっかくトーン側に合うチップを探せたので、ローノイズ版も
近々試してみたいと思います。
最後にオペアンプ用のデカップリングコン大きくしても音質は変わらなかったと
コメントに書いたことが、心残りでここで再度記載します。
もともとは中華メーカーの16V100uFが入っているのですが
nichiconの25V220uFに変えています。
音質の変化はありませんが、結論として変えたほうが良いと思います。
音量を上げたときに効いてきます。

アルミ電解コンデンサの違いについて(中華メーカーvs有名メーカー)

先に、中国国内のアルミ電解コンデンサ事情についてお話を
中国国内では、けっこうな量の偽物のコンデンサが流通しています。
安すぎる物はコピー品と判断できるのですが、コピー品を
平気で正規相場で売ってくる所もあります。
単純に防爆弁の形で判断できるものが多いですが、
nichiconのコンデンサや上位モデルの各社コンデンサになってくると
それだけでは判断つかないので、2つの判別方法を実施します。
まず1つは、そのシリーズのデータシートに記載されている容量の
サイズが合っているかどうか。少なからず日本メーカーの物は
サイズが変わると、シリーズも変わりますので判別しやすいです。
あとコピー品は本物に比べ小さいのが多いです。
2つめは、測定器を使い耐圧と漏れ電流を計測します。
例えば25V耐圧のコンデンサを例にとってみます。
中華メーカーの場合は大体33か34V位が上限ですが
有名メーカー製のものだと51-52V位まで耐えてくれます。
コピー品は大抵前者の値になるのがほとんどです。
あとは容量詐称コピーですが、近年はあまり見なくなりましたが、
やはり存在します。ただ、うちの会社で扱わないような大容量の
コンデンサに集中してあるようですが。
LCメーターがあればすぐにわかりますもんね。
うちの会社では現在、中国国内で仕入れる時は1つの所でのみ
取引をしています。
そこは、セットメーカーからの流れてきたものを主流に取り扱いを
しているので、結構面白い物も大量に出てきます。
ここは、基本的に中国の電子部品卸市場の業者が顧客の要望で
有名メーカー指名した際に仕入れに来る所なので表立った場所には無い
のですが、とにかく人の出入りが激しい場所です。
運よくそこのオーナーと仲良くなったのは、うちのスタッフが同じ所の出身
(中国では同郷意識がとても強いのでこれだけでもかなり有利でした)
あと、日本の会社が直接来たっていうのでめずらしいのか結構贔屓に
していただいています。
ただ、そこまで量は買えないのは先に言ってるのですが、スタッフいわく
外国の会社と直接繋がりを持つことが珍しいことらしいので、商売よりも
うちの会社の事情などが気になってたようです(汗
見分け方などの知識もここのオーナーから勉強させてもらいました。
これでジョーカーを引かないように武装できたのですが、
ここ以外で取引する時は、中華メーカー指定買いの時だけになるので
あまり意味がありませんが、良い出会いが出来たと思います。

デジタルアンプキット関係(TA2020/YDA138)

こんばんは、Kです。
最近キット関係を触る時間が出来たので
色々打ち合わせしてました。
YDA138がなんだかすごい状況になっている現状
実際はリファレンスサンプルのシンプル回路だったのが、
公式の方のコメントを私自身あまり理解しないまま
開発に伝えたら作り直しまくりで、写真と別なものが
出来るようです。
論理信号のHi/Lowで駆動モード変更とか色々です。
完全日本向けで作ってるので、中国国内には流通ませんが
中国国内向けも扱って2本立てでも良いんじゃないかなぁーなんて
思っています。
あと、うちの会社のコンセプトだと説明書付けないので
これキットにして本当に大丈夫なの?と思っています。
YDA138キットでひと波来そうですね。
さて、TA2020の進行状況ですが片面基板の制限が有って
出来る事が限られてますが、オフセット回路は組み込みます。
5V独立給電は基板上に穴あけれても空中配線が必要なので
断念して、オプションで3端子とコンデンサ類一式の部品のみ
必要な人用に数十円でオプション設定する予定です。
肝心の基板の品質は上げて配線周りとランドを見直して強化する予定です。
一部Lepaiの配線の設計手法を真似してみます。

Category:

BYDの電動タクシー乗ってみました

  • 20110125110349453.jpg

前からよくは見てはいたんですが、運良く乗れなかったのですが
今日初めて乗りました。第一印象は加速がすごいんです。
音はエンジンの音はしませんがロードノイズとかうるさかったです。
運転手に色々聞いてみましたよ。
1回の充電で200km走れるとか、充電時間は1時間半とか
最後に一番嬉しいのは燃料サーチャージの3元がいらないことです。

本日の写真

  • 2opamp.JPG
  • こんばんは、Kです。
    オペアンプ(2回路入)を2個使ったステレオ回路で、これをすることによって
    ボリューム抵抗の品質の差が受けにくいとか他にも色々利点が多いと
    言われましたが、さっぱりです簡単な中国語で回りくどく
    説明してもらってもさっぱりでした。
    ネットで調べてみます。
    でけたー

  • 100w.JPG

ちょこっと個人的にLepai LP-2020+カスタムバージョン

  • ヒートガンで温度/風量調整ができるタイプが必須かと!?
    半田ゴテで交換は難しいと思います。opamp.jpg
  • FX202Aでも使用している平滑コンデンサ16V10000uFに変更してみました。
    無理やり入れています。
    DSC02672.jpg

こんばんは、Kです。
Lepaiをいじるのに付きっ切りではないですが、約10日間ほど要しました。
ついでに面白い企画も考えましたが、追々実現できればなぁーってな感じです。
大体何がどうなっているのか把握できた感じです。
そして、トライアンドエラーの繰り返しでした。
えーっ!そこが原因だったの!?といった感じの、すごい伏兵もいました。
とりあえず、今のLepaiの現行の状態はかなりギリギリな設定でパワフルに
仕上げている反面、小さな部品の個体差で回路が影響するような
敏感な状態になっています。
そこに、インド/中東向け部品をたっぷり使っている所もナイスな感じです。
その都度うちの会社側で色々対策したり別注したり、部品指定したり
本気でフザケテルノカと最初は思っていました。諦めこそしませんが
結構疲れました。ただ、この出会いに感謝もしています。
長くなりますので後述します。
そろそろ本題に入りますね。
写真のとおりオペアンプをJRCの4558Dから変更してみました。
TiのNE5532とSTのTL082です。
数種類試して、ベストな物をチョイスした結果ダイレクト/トーンで
チップのが分かれました。
オペアンプで音の味が変わるとよく言われていますが、
音の味よりも、音質が格段に上がりました。特にダイレクト側!
他にも写真以外に色々いじってますので、オペアンプだけの
効果ではないですが、別アンプに化けました。
大げさに言ってるわけではないです。
マジです(笑)
ちなみに、他改造箇所は業務と関連するので向こうで掲載すると思います。
最後に、うちの会社でデジタルアンプを扱いだして1年以上が過ぎています。
当初デジタルアンプの知識は私自身素人同然で本当に沢山の勉強や経験を
させて頂けたと思います。
最初にまともなメーカーと出会っていたら、今取り扱っている楽しい
コンセプトのデジタルアンプは出てこなかったと思います。
ある意味Lepaiはうちの会社にとって必然であり、数え切れない経験を
させて頂けた場として、とても感謝しています。
販売品(別注品)ではオペアンプ部分はメーカーが難色を示した為
触りませんが、何らかの形で残したかったので記載いたしました。
次の別注品は、現段階の見解だとほぼ完成系だと思います。
長文・駄文最後までお読みいただき、ありがとうございました。
販売していますLepaiは分解/改造すると保証がなくなりますので
決して分解改造を推奨しているわけではないことをご理解ください。
施工される場合は自己責任にてお願いします。

Tripath TA2024 デジタルアンプ基板を遊んでみる

こんばんは、Kです。
面白そうだなぁーと思っていたので2個ほど購入してみました。
届いてびっくり、とりあえず聴いてみてさらにびっくり。。。
・TA2024B金メッキ仕様!→TA2024でした。
・平滑コンに日ケミ採用!→色形が似た中華コンデンサ
さらに25V330μFx4発って何故に25V。。。容量もすくなっ!
・WIMA製のカップリングコンデンサ採用!→コンデンサが酷い抜き取り中古品
モールド部分が一部溶けてる。。。熱破損を心配しましたが的中
・出力RCA端子は赤白のはずが→オレンジと黄色の仲良し2人組み
肝心の音を聴いてみることに、音は鳴りました。
解像感は高いですが、何か不自然な感じがします。
音が引っかかっているような、伸びてくれない印象というか
曇った音質という訳ではないのですが。。。
あと左右でかなり音質が違うので結構ショックでした。
まあ、ここはごっそり部品を入れ替えてみました。
平滑コン:日ケミ16V1200μFx4 カップリングコン:EPCOS TDKの250V2.2μFx2
インダクター:光輪技研の10μHx4 
LPF側コンデンサ:メタライズドフィルムコン0.47μFx6 0.1μFx2
結果的に解像感が増し音質もフラットな感じになり
不自然な感じも多少改善されました。
左右の音質の差はなくなりました。
こんな調子で、空いた時間を使って色々いじっています。
次はJRCの4558DからTiのNE5532やSTのTL082にした話をしていく予定です。

  • ・表面の部品を外したあと、取り付け予定の部品群DSC02678.jpg
  • 届いた時のTA2024デジタルアンプ基板DSC02682.jpg
  • 裏のLPFのコンデンサをSMDからフィルムコンにした汚い施工写真DSC02687.jpg
  • 完成後、改造前の基板と比較1DSC02690.jpg
  • 完成後、改造前の基板と比較2DSC02691.jpg